• プロジェクト
  • グリーンダウン
  • 活動レポート
  • パートナーズ
  • 羽毛回収のご案内
  • よくある質問
  • 運営団体

About Us

運営団体

運営団体

 
名称 一般社団法人 Green Down Project
組織形態 一般社団法人
設立時社員 3名
理事 5名
監事 2名
代表理事(理事長) 長井 一浩
法人所在地 〒515-0303 三重県多気郡明和町山大淀3255番地
東京オフィス 〒114-0014 東京都北区田端6-4-22 ビームウッド高野 D号室 
電話番号 0596-34-1881
ファックス 03-6735-7378
メールアドレス info@gdp.or.jp

背景

羽毛は食肉用の水鳥から採取された再生可能資源ですが、多くはゴミとして焼却されてきました。また、急激な需要増加を背景に羽毛採取のみを目的とした水鳥を飼育し、依然としてライブハンドピッキングが行なわれている事実もあります。また、人体への影響が懸念される薬品を使用する例も後を絶ちません。命の尊重と自然環境に資する循環型ビジネスモデル確立の必要性を感じたことが契機となり、羽毛製品の適正処理・再資源化のシステムづくりを目的としてGreen Down Projectを設立いたしました。
この取り組みに共感する企業を募り、リサイクルした羽毛、Green Down(グリーンダウン)の品質基準設定や周知・啓発をすすめています。

理念・ビジョン

羽毛は、軽くて温かい特殊な天然素材です。また温度や湿度を調整する機能も兼ね備えております。羽毛は食肉用に飼育された水鳥の副産物であり、その供給量は世界的な食肉市場の変化や鳥インフルエンザ等に大きく左右されてしまいます。将来にわたり多くの生活者へ安定的な供給を続けていくために、日本国内で羽毛を循環させるしくみを確立し、その普及をめざしています。

ミッション

回収した羽毛をリサイクルし、限りある資源の有効活用を目指します。不要になった羽毛を焼却せずにGreen Downとして再利用することは、二酸化炭素排出の削減につながります。Green Downは清潔で、安心して使用できる素材であることを広く生活者に知ってもらい、羽毛の回収と再利用への取り組みを会員企業や団体などと協働し社会に浸透させることをミッションとしています。

 
ページTOPへ
Copyright © 2015 GreenDownProject. All Rights Reserved.