About Us運営団体

運営団体

名称一般社団法人 Green Down Project
組織形態一般社団法人
設立年月日平成27年4月3日
設立時社員3名
理事5名
監事2名
代表理事(理事長)長井 一浩
法人所在地〒515-0303
三重県多気郡明和町山大淀3255番地
東京オフィス〒114-0014
東京都北区田端6-4-22 ビームウッド高野 D号室
電話番号0596-34-1881
ファックス03-6735-7378
メールアドレスinfo@gdp.or.jp

メンバー紹介

  • 長井 一浩 理事長

    社会福祉法人松阪市社会福祉協議会を退職後、平成23年4月から特定非営利活動法人明日育 常務理事として、明日育のミッション「育つことのすべてを」を掲げ“育つ”という視点でさまざまなものごとを見て活動を展開。平成26年4月には一般社団法人Green Down Projectを設立、ダウンジャケットや羽毛布団などに使われている羽毛を循環資源としてリサイクルすることを、企業や団体などと連携して活動を全国に展開。また、東日本大震災をはじめ、全国の被災地へ派遣され災害ボランティアセンターの設置運営や生活支援活動を行っている。

  • 長澤 恵美子 理事

    1983年日本経済団体連合会事務局入局。96年から企業の社会貢献活動の推進を担当。03年からは企業の社会的責任(CSR)の推進も担当し、ISOにおける社会的責任の規格づくりに参加する経済界代表をサポート。09年から17年3月まで研修や出版などの事業を行う経団連事業サービスに出向。現在は、経団連SDGs本部にて企業のCSRやSDGsへの取り組み推進を担当。

  • 橋本 慎吾 理事

    滋賀県立大学大学院環境科学研究科修了後、2003年から青年海外協力隊(環境教育)としてケニアに赴任。海洋国立公園にて地元コミュニティを対象とした活動を展開。2006年から国際協力機構(JICA)ガーナ事務所にてエイズ対策関連業務に従事し、2008年11月帰国。
    2009年より株式会社ダイナックス都市環境研究所に入社。循環型社会、市民参画、合意形成、国際協力、防災・危機対応をテーマに関連業務に従事している。取締役/主任研究員。

  • 川本 健太郎 理事

    2006年より関西学院大学 社会学部 助手に就任、2010年より同大 人間福祉学部 社会起業学科 特任助教を経て2012年より敬和学園大学。そして、2016年より立正大学社会福祉学部講師。専門は、地域福祉、社会起業であり、介護者家族や若者支援、養鶏を通した6次化事業のNPO法人、社会福祉法人などの理事。主な著書に「社会起業」、「これから求められる社会的企業」ミネルヴァ書房などがある。

  • 竹村 伊央 理事

    1982年名古屋市生まれ。高校卒業と同時に渡英し、イギリスでエシカルファッションが興隆しつつある2005年より、エシカルファッションムーブメントを作り上げたブランドの1つ、JUNKY STYLINGに勤務。同時にスタイリストとしてもエシカルを中心としたスタイリングも手がける。2010年帰国後、2012年にエシカルファッションのPR活動をする団体:ETHICAL FASHION JAPAN(EFJ)を設立。エシカルの啓発を含めたイベントや講演活動をしながら、エシカルなファッションを集めた期間限定店舗:EFJstoreを運営する。ファッションスタイリスト兼EFJ代表。

  • 喜多 泰之 ソーシャルデザインディレクター

    2007年株式会社アーバンリサーチ入社。店長職を経て、「URBAN RESEARCH DOORS」のPR・バイヤー・イベント企画・家具企画・CSRなど幅広く担当。野外キャンプイベント「KNOCKING ON THE DOORS TINY GARDEN FESTIVAL」の企画運営にも携わる。2018年春に退職。

    現在は、「MILKBOTTLE SHAKERS」の屋号でフリーランスブランディングディレクターとして活動。幅広い経験を生かしたリブランディング・コンサルティングをはじめ、雑誌媒体や商業施設のイベント企画・デザインなどのトータルプロデュースも担当。同時に、アパレル業界の社会・環境へのサスティナブルなビジネスモデルの可能性を探り続けている。

  • 高山 弘毅 ソーシャルデザインディレクター

    髙山弘毅(たかやまひろき)大学を卒業し、ファッション業界での仕事を経験後、弟が労災により視覚に障害を持った(現在は角膜移植を受け回復)ことから福祉の世界に興味を持ち、2004年4月粕川村社会福祉協議会に入職。同年合併により前橋市社会福祉協議会職員に。ボランティアコーディネーション、コミュニティワーク、共同募金等を担当。2017年3月に退職、Nukiito(緯糸、織物のよこ糸の意)を設立、異なる地域、年代、専門性の人々を「より佳く暮らすこと」を価値につなぐ実践活動に取り組む。社会福祉士、精神保健福祉士。

GDPのETHICAL規範

会員はGreen Down Projectに積極的に参加し、継続的にプロジェクトを推進する。またGreen Downに関わるすべての過程において、以下のことを遵守する。

COMPLIANCE透明性と法令遵守 説明責任

  • 法令及び国際行動規範に基づき、事業の透明性を保つ。
  • 人種や社会階級、国籍、宗教、障害、性別や政治的信条などあらゆる面において差別をしない。
  • 労働者の活動地域の基準で社会的に受け入れられ、労働者自身が公正だと考える対価を支払う。
  • 対等なパートナーシップに基づいた取引で、不当な労動と搾取をなくし、安全で働きやすい労働環境を確保する。
  • 購入者に対して販売者や生産者、商品の背景にある情報を提供する。

ENVIRONMENT持続可能な環境づくり

  • 環境負荷が低い方法を活用する。
  • Animal Welfare(動物の福祉)に配慮する。
  • CO2を削減する取り組みを実行する。
  • リデュース、リユース、リサイクルを推進する。

EMPOWERMENT人とコミュニティのエンパワメント

  • 就労困難な人々に対して労働の機会を提供する。
  • 全ての労働者に対して能力向上を支援する。
  • 地域社会、地域経済の発展に寄与する。
  • 持続可能な社会づくりに向けて多様な主体が協議し協働を進める。